機密データをシステム以外の場所で保存

PCI DSSのレベル1の認定を受けたサービスプロバイダーとして、弊社は、信頼できるデータ保護機能を提供します。弊社のトークン管理サービス (TMS) は決済の機密データを固有の識別しまたは数理的に置き換えできないトークンに変換します。各企業の環境からカードの機密データがトークンにより取り換えられ、顧客の実際の決済情報はセキュアなVisaデータセンターに保管されます。

PCI DSSの適合範囲を絞る

TMSは単に企業の安全を守るだけではありません。Payment Card Industry Data Security Standard (ペイメントカード業界データセキュリティ基準、PCI DSS) への適合もサポートしています。弊社のソリューションであれば、PCI DSSの承諾を数少ないチェックボックスでの対応のみに負担を減らし、PCI DSSの監査の時にも企業を守ることができます。

仕組み

TMSを使用すれば、保存管理、クレジットカード情報の維持および処理の必要が今後不要となり、これらの作業は弊社が企業に代わって行います。

Token Management Service-Security

トークン化のプロセス

決済データが、企業のシステムをまったく経由せずに消費者からCyberSourceに直接送信される。

決済データが決済ネットワークに安全に送信され、承認依頼がCyberSourceに送られる。

CyberSourceはカードデータをトークンに変換し、機密情報を安全なVisaデータセンターに保存します。

CyberSourceはメッセージとトークン (PANではない) を企業に戻すので、送られてきたデータを決済の操作に使用することができます。

単なるセキュリティ以上の機能をもたらす

企業の事業を保護することに加え、トークン化は新しいモバイルエクスペリエンスやデジタルエクスペリエンスを構築し、決済操作の効率性の改善や顧客行動の更なる見える化を図ることができます。

リアルタイムなカードの更新および機能強化を図った承認率

ネットワークトークンを利用するためのシングルインテグレーション 

販売チャネル全体のカスタマーエクスペリエンスの360°ビュー

始めるには

興味がおありですか?ぜひご相談ください。