不正詐欺戦略の担う新しい役割: 革新の実現

IDC社のFinancial Insights Teamによるホワイトペーパー




従来、不正詐欺ソリューションは損失を抑えることに重点を置いていましたが、デジタルトランスフォーメーションの時代においては、損失抑制だけでは十分とはいえません。最新の不正詐欺戦略とは、eコマース事業における顧客チャネルの拡大や自動コマースモデルの導入、そして数多くの新しい決済方法の採用をサポートするものでなければなりません。

そのため、eコマース事業ではスケーラブルかつ安全で革新的な不正詐欺戦略が必要となります。アジャイルなルールと高度な分析の共通点が戦略の中心となります。高度な不正詐欺管理戦略とはどのように機能するものなのでしょうか。

このホワイトペーパーでは次に挙げる項目を実施するための方法を紹介しています。

  • 堅固でアジャイルな不正詐欺ソリューションの選択

  • 技術革新を中核とした不正詐欺戦略の構築

  • 実装・戦略方式の選択

  • 運用上の目標の設定

  • 同一コンテキストに沿った事業と不正詐欺防止KPIの特定

  • 不正詐欺リスクへの適合とアジャイルな取り組み

このホワイトペーパーでは、ファッション、スポーツ用品、航空旅行といった異なる3業種に携わる不正詐欺担当幹部とのインタビューをおこない、そこから明らかになった重要事項を説明しています。各事業者も、自由自在なルール設定や予測可能な不正詐欺モデル、機械学習を個別に組み合わせて構築されたCyberSourceの不正詐欺ソリューションを使用しています。CyberSourceの強力な不正詐欺ツールは、不正詐欺による損失を削減し、各トランザクションの決済受入れや否決、手動での確認による結果を評価します。 

ユースケースでは、国境を越えた新しいチャネルや新しい製品ラインでの拡大を実現しながらも、損失を抑制し受入率を向上するため、包括的で適応能力のある不正防止管理プログラムの構築に関する見識を示しています。

次の各項目に関する詳細をご確認ください。

 不正詐欺のリスクやベクトルのシフト
 

  • デジタルコマースにおいて絶えず存在するサイバー攻撃の脅威
  • 巧妙なアカウントの乗っ取り
  • 合成ID詐欺およびそれによる損失拡大の理由
  • ロイヤルティおよびポイントプログラムにおける詐欺
  • フレンドリー詐欺

不正防止ソリューションが革新を実現できる理由
 

  • 機械学習およびアジャイルなルール設定
  • カスタマーエクスペリエンスを向上しコンバージョンを上げる不正防止ソリューション
  • 運用の最適化 - レビュー削減およびマネージドサービス

KPI構成がバランス維持のために重要である理由

CyberSourceのユースケース

  • Backcountry.comが企業体やトランザクションのリスクを評価するための包括的な不正防止戦略を構築した方法

  • Philippine Airlinesがデジタル変革を実現しながら巧妙な不正詐欺を抑制した方法

  • 世界的な某ファッション販売事業者が急速に地理的拡大を図るために不正詐欺防止の対象を広げた方法
ホワイトペーパーをダウンロード

Fraud Strategy Has a New Role: Enabler of Innovation

20年以上の経験や見識を活かし、CyberSourceはユーザー個別の優先事項に適合するためのカスタマイズしたソリューションを提供しています。お客様の決済環境の価値を保護し、最適化し、かつ付加価値を生み出すための最良の選択は、CyberSourceの不正詐欺防止・リスク・コマースソリューションのご利用から始まります。その理由を詳しくご覧ください。

始めるには

興味がおありですか?ぜひご相談ください。