CyberSourceのサービス

VisaのCyberSourceプラットフォームでは、決済運用の簡素化と自動化を実現できるオンラインと店舗向けのサービスを網羅しています。CyberSourceのお客様は、決済処理、不正防止管理の簡素化、決済セキュリティの強化を図るために、当社サービスをご利用されています。

CyberSourceの沿革

1994

決済管理のパイオニア

CyberSourceは1994年に創設されました。ちょうどeコマースによる取引が始まった時期で、この頃に大企業や中規模企業向けにオンライン決済や不正防止管理サービスを始めた企業のひとつです。

2007

CyberSourceがAuthorize.Netを買収

2007年には、当社はアメリカで有数の決済サービスの小規模事業者であったAuthorize.Netを買収し、それから、小規模事業者からグローバル展開を行う企業まで、当事業分野でのお客様を拡大してきました。

2010

CyberSourceはVisaソリューションの一部を構成

2010年には、CyberSourceはVisa Inc.の子会社となりました。Visaのプラットフォームとして、CyberSourceは発行会社やアクワイアラのグローバルネットワーク、更に、Visaの世界基準のセキュリティ基盤の一部を形成しています。

現在

決済取引の世界的なパイオニア

今日、450,000社を超える企業がCyberSourceおよびAuthorize.Netのソリューションを利用しています。CyberSourceは、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、南米、中東およびアフリカに拠点を置いています。

デジタルエコノミーに対応した決済管理

アジリティ-CyberSourceが企業の皆さまに信頼していただいている理由はこの一言に尽きます

その他の情報

Visaの統合レベルにより、弊社の トークン管理サービスの機能が向上します

CyberSourceのトークン管理サービスにより、Apple PayやGoogle Payのようなモバイル決済をスムーズに受け入れることができます。

不正防止管理における最新領域収益確保の向上

現代の不正防止ソリューションはシームレスなチェックアウト機能を搭載しているので、企業の皆さまはお客様の満足度を高めながら、収益の増加を期待できます。

Fridge (さらにその他のトークン機能も) から決済を受け入れる

決済処理に革命をもたらすトークン化の拡大について、詳細をぜひご覧ください。

Oグローバルeコマース不正レポートでは、有力な企業がどのようにして他企業との差別化を図っているかを明らかにします

2,700名を超える不正防止管理のスペシャリスト。34ヵ国。すべてを一つのレポートに。不正防止管理のパイオニアになるための秘訣をご覧ください。