リソース

ご購入に関する個別サポート

貴社のさらなる発展のサポートをいたします

CyberSourceのサービス内容の詳細については、弊社の製品エキスパートまでお問合せください。

受賞歴のあるサポート

すでに弊社製品をご利用されているお客様

アカウントにサインインし、チャットからお問合せいただくか、オンラインサポートに記入して送信してください。また、よくあるご質問に対する回答については、広範囲に及ぶナレッジデータから検索することもできます。

サポートセンター

お客様サポートポータルおよびお役立ち記事一覧にアクセスできます。

デベロッパーセンター

ツールをご活用いただくと、弊社の決済APIの統合とテストを簡単に行うことができます。

技術資料

弊社の決済サービス一式に関するAPI資料を検索できます。

請求書の支払い

CyberSourceからの請求書の支払い手続きをするにはEnterprise Business Centerにログインしてください。

よくあるご質問

CyberSourceのトランザクション応答には、採用している統合方法に応じて、Reason CodeまたはReply Flagのいずれかが含まれます。

Reason Code
Reason Codeとは、次の手段を利用して送信された作成トランザクションに対してCyberSourceのサーバーから発信される応答です。

  • シンプルオーダーAPI 
  • Virtual Terminal
  • Secure Acceptance - Hosted Checkout 
  • Secure Acceptance - Checkout API
  • SOAP Toolkit API
  • Offline Transaction File Submission Reply Flag SCMP統合方法では、

Reply Flag
呼ばれる関連する応答値を返します。 それぞれの戻り値の詳細およびその他の参考情報を確認するには、サポートセンターをご覧ください。

以下の各段落のタイトルから当てはまる状況をご判断のうえ、内容をご確認ください。


私は管理者ではありません
Business Centerで過去にメールアドレスの認証を行っている場合、ログイン画面で「パスワードをお忘れですか?」を選択すると、パスワードをリセットすることができます。リセットできない場合は、あなたの組織で管理者権限を持つ他のユーザーがあなたのログイン情報をリセットした可能性があります。


私は管理者であり、自分のアカウントのロックを解除する必要があります
CyberSourceのサポートまでお問合せの上、アカウントのロック解除を依頼してください。[Account Management > Contacts]のBusiness Centerに登録された該当アカウントの技術担当または営業担当の連絡先に新しいパスワードが送付されます。上記の操作ができない場合は、セキュリティ上の理由により、Terminal IDのような決済処理業者に関する情報を提出しなければなりません。


私は管理者であり、他のユーザーのアカウントのロックを解除する必要があります

アカウントの管理者であれば、以下の操作を進めることによりロックを解除できます。

  1. Business Centerにサインインします。
  2. [Account Management > Users]を選択します。
  3. ロックを解除したいユーザー名のチェックボックスにチェックを入れて選択します(複数選択可能)。
  4. 右上のロックが外れた状態の南京錠のアイコンを選択し、選択したユーザーを有効にします。アイコンにカーソルを合わせると有効になっているのが確認できます。


パスワードをリセットした後も引き続きアクセスが拒否されます
パスワードが正しく、あなたのMerchant ID / User IDの組み合わせが有効であるとの確信があり、パスワードのリセットを試行しても引き続きアカウントにサインインできない場合は、使用しているURLがURL(https://ebc.cybersource.com/ebc2)にすべて一致していることをご確認ください。ブックマークを使用している場合、リンク先のURLがhttps://ebc.cybersource.com/ebc2となるよう編集してください。 Business Centerへのログイン方法の詳細を確認するにはサポートセンターをご覧ください。

返金を行うには、お客様のクレジットカードの返金処理のためにフォローオンクレジットを使用します。このクレジット機能は、決済処理の確定後に利用可能です。


フォローオンクレジットでは、CyberSourceのシステムでの前回の決済確定トランザクションを参照します。そして、元の決済承認から60日以内であれば申請を行うことができます。それ以降である場合は、(通常は)単独の返金処理を実施する必要があります。


フォローオンクレジットの発行方法

  1. Business Centerにサインインします。
  2. 左のナビゲーションバーから[トランザクション管理]を選択します。
  3. 検索結果から、フォローオンクレジットを発行したいトランザクションに対してリクエストIDを選択します。トランザクション管理の詳細ページが表示されます。
  4. [Credit Card Credit]のページを表示するには、[Credit]を選択します。
  5. 返金処理を行う金額を入力します。
  6. [クレジット]を選択し、[完了]を選択します

APIからのフォローオンクレジットの発行方法

次の書類のCredit Card Processing > Crediting a Paymentのサブセクションに記載されているクレジットリクエストの作成方法に従ってください。

サポートセンターにアクセスし、CyberSource APIのセキュリティキーの作成方法に関する文書をご確認ください。

REST APIをお使いの決済ネットワークシステムに統合する方法については、デベロッパーセンターをご参照ください。

Reason Code 203は、追加の情報の提供無しに発生するカード発行会社による一般的な拒否を指しています。貴社のお客様であるユーザーはカード発行会社に直接拒否の理由を問い合わせすることができます。銀行またはカード発行会社がスムーズにトランザクションの拒否の理由を確認できるように、トランザクション参照番号を取得し、番号を銀行またはカード発行会社に提供することでお客様をサポートすることができます。


トランザクション参照番号の検索方法については、Where do I find the Transaction Reference Number? (トランザクション参照番号の検索方法) をご確認ください。

サポートセンターにアクセスし、Secure Acceptanceの資料をご確認ください

現在、Decision Managerのユーザーの方は、Business Centerにサインインして 左のナビゲーションパネルから[Business Center > Documentation > Guides]を選択すると書類を閲覧することができます。


現在、Decision Managerのユーザーでない場合は、販売担当者までお問い合わせください。