トークン化は今日のセキュアなデジタル決済をサポート

インターネット上で事業展開しているほとんどの企業は、取引において顧客の重要なカード情報を保護するためにトークン化を積極的に導入しています。しかし、貴社のエコシステムでトークンを管理することは複雑になる可能性があり、メンテンナスが必要となります(顧客が銀行を変更した場合や、カードを紛失した、盗まれた、またはカードの有効期限が切れた場合など)。

貴社の顧客の包括的なビューを作成

CybersourceのToken Management Serviceは、すべてのチャネルおよび決済タイプにおいて顧客の購入行動の包括的なビューを提供する、独自の統合スーパートークンにおいて、決済、顧客データ、その他のネットワークトークンを連携させることにより、こうした複雑さを大幅に簡素化します。

スーパートークンとは:CyberSourceのイノベーション

CybersourceのToken Management Serviceは、異なるネットワーク、発行者、チャネルのトークンを連携させ、複雑な決済環境を簡素化できるようサポートする唯一のサービスです。スーパートークンは、eCheck、ACH、その他のデビット商品などの代替決済にも対応しています。また、Token Management Serviceのブランドに依存しないプラットフォームは、VisaとMastercard両方のネットワークトークンを処理します。

セキュアかつシームレスな顧客エクスペリエンスの構築

顧客ライフサイクル管理の向上

Token Management Serviceは顧客ライフサイクル管理を簡素化します。認証情報はチャネル全体で更新されるため、リピート客による収益を最大化することができます。

コンバージョン率の向上

スーパートークンによるインサイト向上により、正規のリピート客をより効果的に認識することができるため、承認率やコンバージョン率も上昇します。

+3% 

承認率

トークン承認率の上昇。1 PANと比較したCNPトランザクションの世界平均。

-26%

不正行為

ネットワークのトークン化により、貴社に新たな手間を取らせることなく、不正行為を平均26%削減することができます。2

顧客機密データの保護

貴社の顧客の決済データは貴社の内部システムと接触することはありません。一流のVisaセキュリティがデータの暗号化と保護を確保するため、決済処理のあらゆる段階において侵害や盗難から保護します。

顧客との関係を深める

さまざまなカードブランド、銀行、決済タイプ、チャネルのトークンを統合することにより、 Cybersourcenのスーパートークンは、顧客の購買行動の包括的ビューを提供します。このインサイトにより、長きにわたる関係を築き、すべてのオンライン、モバイル、さらに店舗での取引に顧客ロイヤルティや特典の機会を組み込むことができます。

PCI DSSの適用範囲を絞り、コストを削減

Token Management Serviceは、暗号化およびデータセキュリティに関する最も厳しい規制基準を満たしています。

簡単かつ迅速な統合

Token Management Serviceは、Decision Manager、本人認証、アカウント乗っ取り防止機能、繰り返し発生する請求処理、グローバルゲートウェイなど、弊社の他の強力なツールと統合できます。

重要な決済データを保護するため世界中で利用されているCybersourceのトークンは70億個以上3

トークン化のメリットの詳細

ネットワークトークン化のためのガイド

トークン化の仕組みからCybersourceの革新的なスーパートークンまで、このガイドは、トークン化とそのメリットについて知っておくべきすべてを網羅します。

eコマースの未来がトークン化である理由

eコマースのトークン化は、デジタル決済を変えていますが、その可能性はまだ完全には解き放たれていません。

トークン化について実際に見てみる

トークン化により没入型顧客エクスペリエンスを構築

顧客が望むチェックアウトエクスペリエンスを創出

Token Management Serviceを他のCybersourceソリューションと統合し、フリクションレスな決済を構築

Let's talk tokens

CybersourceのToken Management Serviceは、決済トークン化のすべてのメリットを1つのソリューションにおさめているため、単体で使用できます。貴社の決済エコシステムに完全統合することも可能です。

Cybersourceのトークンに関する専門知識、ブランドに依存しない技術は、160以上の国や地域に展開されています。貴社がどのような状況にあっても、トークン化のメリットを最大限に発揮できるよう支援します。

1 VisaNet、2022年1~3月。トークン型と非トークン型の認証情報によるVisaクレジット/デビットのグローバルなカード非提示の取引。承認率は、一意の取引承認の認められた件数を、一意の承認試行 (最初の承認試行のみ) の合計で割ったものです。
2 デジタルウォレットTRと、Token導入加盟店 (DBA加盟店)(PAN & Token) グループのCNP & CPの平均、2018年4月~6月、イシュア地域:米国
3 CybersourceのToken Management ServiceとSecure Storageのトークンメトリクス、2022年9月13日、Cybersourceデータベースエンジニアリングチームが算出。