3Dセキュアに対応するCybersourceの本人認証

本人認証により、3Dセキュアの最新のさまざまな認証機能を活用し、取引プロセスの早い段階でカードの不正利用を阻止することができます。これにより、承認率、収益、顧客満足度と顧客ロイヤルティを向上できます。

フロントエンドで顧客の本人認証を

取引プロセスの早い段階でお客様の顧客による本人認証を行うことにより、適切な要求のみが承認のために送信されます。

より強力な不正防止対策を導入

より強力な不正防止対策を追加し、誤った支払い拒否も減らします。

顧客エクスペリエンスを管理

モバイルデバイス、複数の販売チャンネル、簡単な統合のために最適化されたソリューションにより顧客エクスペリエンスを管理します。

データの強化で正しいトランザクションを導きます

リスクの高い取引や不正取引を識別

認証プロセスにおいて追加のデータを取得・送信することにより、カード発行者は、決済される取引をカード所有者の購買パターンと照らし合わせて、リスクの高い取引や不正取引を識別することができます。

Cybersourceの本人認証は、お客様が現在使用している不正防止のツールや戦略を補完し、強化するものです。Decision Manager plus Payer Authenticationを使用してeコマースの不正防止戦略を管理することにより、3DS認証と支払い承認を完全に統合されたソリューションの下で管理することができます。

仕組み

インフォグラフィック
Payer Authentication process infographic

関連製品

PSD2によるStrong Customer Authentication(SCA)要件をサポート

Cybersourceのソリューションにより、どのようにSCAの対象外および免除となる取引を識別できるかご覧ください。1

Visaの差別化されたサービスを体験

Visaソリューションとして、Cybersourceは、EMVCo加盟のグロバール決済リーダーのあらゆるメリットをお客様の3DSソリューションに統合できます。3-D Secureを開発する標準化団体について詳しくはこちらをご覧ください。2

1 EEAおよび英国内での電子支払には、取引が対象外または免除とならない限り、Strong Customer Authentication(SCA)を適用する必要があります。
2 EMV®は米国をはじめとする数か国においては登録された商標で、その他の国では未登録の商標として扱われます。EMV商標はEMVCo, LLCが所有しています。

興味がおありですか?ぜひご相談ください。

不正行為を減らすと同時に承認率を高め、支払手続を効率化することができる3Dセキュアのメリットや機能をご覧ください。