不正詐欺対策を始めるために必要なすべてのツール

信頼できるスクリーニング機能

正確な不正の検知 

強力なコンピュータモデルが機械学習と数百種類の検証テストを使用し、自動的に不正取引を停止させます。

内蔵型の不正詐欺ルール

設定作業を短縮化

予め構築した設定が不正を阻止するため、入手後すぐに機能のご利用を開始いただけます。 

調整も簡単に 

自由に設定可能な防止方策

シンプルなオプションにより、リスク許容度や確認手続きを手動で行うオーダー量などの希望に沿って、設定を変更することができます。

使いやすいダッシュボード

詳細情報を得たうえでの決断

オーダーが確認のために印付けされると、ダッシュボードはトランザクションを受け入れるか否決するために必要なデータを提供します。

不正防止策はすべての企業に必要なものですが

多くの企業は狙われるには自社の規模が小さすぎると、危険を認識していません。
実は詐欺師にとって一番狙い目の、儲かるターゲットなのです1

 

被害総額1,300億ドル

専門家の予測によると、支払詐欺によって中小企業の被る被害総額は、次の5年間だけで1,300億ドルにおよぶだろうと言われています。2

平均被害額3.7万ドル

従業員49人以下の企業における支払詐欺による平均被害額は37,258.14ドル。3

使い勝手の良い不正防止機能

決済時のフリクションを感じさせることなく、不正を削減します。

Fraud Management Essentialは各トランザクションをミリ秒で評価するため、真正なユーザーは購入を素早く実行することができます。

関連製品

企業の不正防止管理 

機械学習と、事業に合わせてカスタム可能なルールにより、不正詐欺のスクリーニングを自動化します。

アカウントおよびロイヤルティプログラムの保護

顧客アカウントおよびロイヤルティプログラムを不正取引から保護します。

配送先住所の認証

190ヵ国を超える国や地域を対象に、間違った住所を修正します。

1 調査レポート:企業の規模にかかわらず、不正防止に戦略的投資をするべき理由。 Emailage ©2019
この資料は、アメリカとカナダの中小企業の管理職1000人を対象に行った、
不正防止への取り組み調査に基づくものです。
2Jupiter Research, Online Payment Fraud: Emerging Threats, Segment Analysis & Market Forecasts 2018-2023. (オンライン支払詐欺:台頭する脅威、セグメント分析&マーケット予測 2018~2023年)
3Small Business Fraud Report, Vocalink, 2018年1月
Vocalink Analytics Small Business Fraud ReportはVocalink Analysis社から委託を受けたPopulusによって、
イギリスとアメリカの小規模企業50社以上を対象に2017年10月9日~16日の期間実施された調査に基づくものです。